お知らせ

平成29年3月31日(金) 開催 シンポジウム:先端数理科学の目指すもの ―現象にかかわる「理」を理解する―

シンポジウム:先端数理科学の目指すもの
― 現象にかかわる 「理」を理解する ―

を平成29年3月31日(金) に開催いたします。 詳しくは、シンポジウムページを参照して下さい。

平成29年4月 専攻名称変更

平成29年4月から先端数理科学専攻 (Department of Advanced Mathematical Sciences) に名称変更します。

先端数理科学専攻が目指すもの

我々をとりまく自然、生命、人工の環境における諸現象を数理モデル化し、その数理解析を通してそれらの現象を理解し、また利用していくことに興味のある人材を受け入れ、本研究科と本専攻の教育を通して、これらの分野での我が国のリーダーとなるような人材の育成を目指しています。「数理科学」は極めて広大な学域ですが、その中でもシステムを構成する要素間の大規模で複雑な相互作用で特徴づけられる「非線型問題」「複雑系科学」に焦点を当てた教育と研究を行なっています。具体的には、数学解析、応用解析、非線形物理学、非平衡統計力学、数値解析、数値シミュレーション、システムの制御と知能化、脳科学、計算力学、確率解析などのキーワードと関係する数理科学の分野の教育と研究が行なわれています。専攻ではこういった分野に興味を持つ未来指向の人材を求めています。

過去のお知らせ

平成28年11月17日(木)
(2次募集)入試説明会を行いました。
平成28年5月25日(水)
入試説明会を行いました。